FC2ブログ

逆子の治療

最近、近くの産婦人科の先生の紹介で「逆子治療」に妊婦さんがいらっしゃいます。
鍼灸あん摩マッサージで逆子治療ができること初めて知りました
と言われることが多いので当院で行っている「逆子治療」をご紹介します(*^_^*)

Q.「どんな治療をするの?」
A.大きく2つの治療を行っています。 

①三陰交・至陰というツボに透熱灸(米粒くらいのお灸)を行います。
 ツボに熱刺激を行うので、一瞬ツーンという感覚があります。
 ここへお灸をすることで子宮の状態を整え、赤ちゃんを正しい位置に導きます。
 三陰交は婦人科系に非常に有効で、安産のツボとしても有名です。
 ただ、5ヶ月までは禁忌のツボでもあるので気を付けて使います。

米粒大
↑透熱灸

②腰含め全体のマッサージ
 妊娠中の方は体重増加などにより下半身の負担が増え、足がむくんだり
 骨盤回りの血流が悪くなったりと赤ちゃんの居心地が悪い要因があります。
 マッサージで骨盤回りや下半足をほぐすことで、血液・リンパの流れが良くなり、
 居心地がよく回りやすい子宮環境を整えていけます。

マッサージイラスト4
↑妊婦さんでも横向きでマッサージを行っていけます

Q.いつからできるの?
A.最も効果が出るのは28~32週
 34・35週になると赤ちゃんが大きくなり、回るのが難しくなってきます。
 治療は25週から行えますので、逆子の傾向があれば早めに治療を開始することをお勧めします。

Q.どれくらいの頻度でやるの?
A.週に2・3、回間をあまり空けずに
逆子の灸は毎日行った方が良い治療ですが、毎日通うのは難しい方が多いと思います。
赤ちゃんはどんどん大きくなっていくので、週に2・3回、間を空けずにやっていくのがベストです。
ただ、やらないよりやった方が状況を変えていけます。
無理のない範囲内でご利用ください。


初診ではお話を伺い身体を診ていく関係で20~30分ほどかかりますが、
基本的にお灸だけの治療なら15分~で施術できます。
時間に余裕がある時はマッサージと組み合わせて治療して行かれると効果的です。

また、お家でもお灸をしていただくとより効果が高まります。
方法をご説明しますので、家でも行っていただければと思います(* ´ ▽ ` *)

いかがでしたでしょうか。
お身体の状態を聞き、説明をきちんと行いながら治療していきます
逆子でお困りの方はぜひ1度ご来院くださいm(__)m

食養生シリーズ③冬「生姜」

食養生シリーズ③冬「生姜」

朝晩がだいぶ寒くなり、冬の訪れを感じるようになりました。
皆さまいかがお過ごしですか?
私は最近自分が冷え症だったということに気が付きました
現在、身体を温めようと模索中です
今回ご紹介するのは、冷えを解消すべく食べている「生姜」です(*´v`)

生姜
生姜は、生(固形)から、おろしてあるもの(チューブ)、乾燥したものと
様々な形で私たちの食生活に入り込んでいます。

そんな生姜は中国漢方で見ると「熱」の仲間に分類されます
寒い季節の冬はその寒さ(寒邪と言います)に身体がやられて
体調を崩しやすい季節と言われています。
身体が冷えるとよくないと言いますよね

っという事で、寒邪に負けないためには身体を冷やさない事
つまり温める事が大切です
そんなお手伝いをしてくれるのが「熱」の性質をもつ生姜君。
生姜はむいたり切ったり面倒くさい(私がそうなのです。。。)
という方は便利なチューブでOKです

私は料理の時にできるだけ使うようにしたり、
お味噌汁にチューブ生姜を追加したりしてます
辛いのが得意でない私でも混ざれば平気でした~

1回食べるだけで身体は大きく変わりませんが、
脱!冷え性のため、地道に生姜を食べていこうと思っています
同じように冷えで悩んでいる方がいたらぜひ試してみてくださ~いヾ(o´∀`o)ノ

ただし、生姜は刺激物の一面もあり、お腹の弱い人が沢山食べると
くだしてしまうことがあるので、分量には気を付けてくださいね

重だるさの原因は冷房のきき過ぎかも

今夏は梅雨明けが平年よりおそくなりましたが、
いよいよ関東地方も梅雨があけ夏本番ですね(*^_^*)
毎日「暑い~」「あついよー」と言っている気がします(。-_-。)
梅雨があけたのに「身体が重だるい」「疲れがなかなかとれない
という症状が出ている方がいるのではないでしょうか。

その原因の一つに「冷房による自律神経の乱れ」が挙げられます
夏になり外の気温が上がるのと同時に、お家、会社、車内でぞくぞくとクーラーがついてきています。
涼しい室内に入るとその涼しさにほっとすることもありますが、
外と中の気温差は身体の体温調整機能にとっては大きな負担になっています。

外気温の変動に合わせて身体の体温も上げたり下げたり調整するのは自律神経の役割です。
その自律神経が温度差によりやられてしまうと、先ほどの「身体が重だるい
「疲れがなかなかとれない」といった症状が出てきてしまいます。

当公式ブログ2012-07-24 お身体について「夏には要注意!」を
参考にしていただくとよりわかりやすいと思います。

鍼灸あん摩マッサージではコリをほぐし、血流を良くすることで身体の疲れをとり、
自律神経の乱れを整えていくことができます
夏を元気に乗り切るために、自律神経を整え、身体をよい状態にしていきましょう
お気軽にご相談くださいm(__)m

ぎっくり腰

梅雨入りし、なんだかじっとりした日が増えてきましたね
そんな天候に影響されてか、腰を痛めていらっしゃる方が増えてきました。
今回は「ぎっくり腰」をご紹介します。

「ぎっくり腰」って?
一般的に「ぎっくり腰」と言われていますが、正式には急性腰痛症(腰椎捻挫)です。
名前の通り、腰にぎくっとした痛みを感じます。
「ぎっくり腰」は大きく2パターン考えられます。

1つ目は、急激に腰の筋肉に負荷がかかり、腰を痛めることです。
急に重たい物を持つ、ゴルフやテニス、野球など腰をひねるようなスポーツでおこります。

2つめは、くしゃみをしたり、物を取ろうとしたら「ぎっくり腰」になったというもの。
この様なぎっくり腰はそれまでに腰の筋肉に疲労が積み重なり疲弊しており、
くしゃみなどが引き金となり痛めてしまうものです。
よく「ぎっくり腰」になってしまう方は、2つめの腰の疲労が大きな原因と考えられます。

対策
まずは腰に負荷をかけない、たまっている疲れを減らしていくことがポイントになります。
対策として
座りっぱなし、立ちっぱなしなど長時間同じ姿勢を避ける
ストレッチ等で身体を伸ばす
ゆっくりお風呂に入る
が有効となります 

上記の対策は予防にはなりますが疲れを回復させるなら、鍼灸マッサージは効果的です。
また、ぎっくり腰になってしまったら、できるだけ早く1回目の治療をすると、回復が早くなります。
ぜひご相談くださいm(__)m

筋緊張性頭痛

こんにちは。急に寒くなりましたね
誰にでも「頭が痛い」という経験が一度は経験があるのではないでしょうか。
この「頭が痛い」は意外とやっかいで、原因が分かっているものから、
分かっていないものまで様々な頭痛が存在します。
頭痛にも種類があることを知っていれば、
適切に対応でき、少しでも楽になるかもしれません。
今回は「筋緊張性頭痛」をご紹介します。


筋緊張性頭痛って?
名前の通り、筋肉の過度な緊張により頭部の血流が悪くなり起こります。
頭全体に出ることが多く、ぎゅーーーと痛くなるのが特徴です。
慢性的な頭痛の中で一番多く、70%くらいはこの頭痛と言われています。
原因は様々ですが、
 パソコン操作や車の運転などで同じ姿勢で長時間いたり
 身体が冷えたり
 精神的ストレスを受けたり
することで、筋肉が固まることから起きていきます。
なので、筋緊張性頭痛の方は肩や首がひどくこっていることが多いです。

対策
筋緊張性頭痛は血流の悪さが原因なので、血流を良くすることがポイントとなります。
対策として
 ウォーキングやストレッチなどの適度な運動
 ゆっくりお風呂に入る
 ホッカイロなどで温める(特に足首、首回り)
が有効となります

もちろん鍼灸マッサージは予防や治療に効果的です。
頭が痛い。。。だけで鍼灸治療院に行こうとは思い浮かばないかもしれませんが、
この頭痛かも、と思ったらぜひご相談ください
プロフィール

鍼・灸・マッサージ治療院「さくら色治療院」

鍼・灸・マッサージ治療院「さくら色治療院」
中野区新井の鍼・灸・マッサージ治療院「さくら色治療院」がおおくりするさくら色通信へようこそ★

さくら色治療院のご紹介
さくら色治療院は中野区新井の桜並木沿い(中野通り沿い)にあるアットホームな鍼・灸・マッサージ治療院です。
スタッフ全員がはり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の資格を取得。優しい治療院の雰囲気の中にもしっかりとした治療技術があり、設備面も充実しております。女性の方、お子様をお連れの方、妊娠中の方も安心してご来院いただけます。お体の悩みなどありましたら是非ご相談、ご来院下さい。

鍼・灸・マッサージ「さくら色治療院
東京都中野区新井4-15-16 コートブラッサム1F
TEL:03-5942-5630
[診療時間]
平日 | 10:00~20:00
土曜 | 10:00~18:00
[ホームページ]
http://www.sakurairo-nakano.com/

福利厚生倶楽部(RELO CLUB)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR